今まで試してきたムダ毛の処理法

212歳のころからムダ毛の処理を開始するようになりましたが、最終的に脱毛という方法でムダ毛の存在自体を根本的に解消するまでには、カミソリや除毛クリームや毛抜き、肌をこするだけでムダ毛が目立たなくなるという怪しいタオルやスポンジ、豆乳ローションなどいろいろな方法を模索してきました。

一番多く使っていた方法はカミソリですが、カミソリによるムダ毛の処理は非常に安価で手軽という反面、スベスベな肌をキープできる時間が極めて短いというデメリットがあります。

毛を抜くのではなく、ただ肌表面に出てきている毛を剃るだけなので、どうしても数日で再びムダ毛の存在が目立つようになるのです。

頻繁にムダ毛処理し続ける必要があるので正直面倒ですし、肌への負担やダメージもその分大きいと思います。

一方、毛抜きによる処理は毛根から毛を抜けるので処理のスパンを伸ばせるメリットがありますが、カミソリと比較すると大きな痛みが伴ってしまったり、どうしても一本ずつコツコツ毛を抜く必要があるので、処理にとても時間がかかってしまうデメリットもあります。

肌のたるみや埋没毛などの原因にもなりやすいですし、どの方法を取っても、ムダ毛を綺麗にするなら脱毛に勝るものはないなと達観しました。

ムダ毛が気になる夏に向けて脱毛を始める場合でも、ムダ毛が実際にほとんど生えなくなるまでには、脱毛を開始してからある程度、一年程度は必要になることも多いです。

ムダ毛の悩みをなるべく早く解消したり、長い人生においてムダ毛処理の手間を無くすためには、一刻も早く脱毛に踏み込むとおすすめです。

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*